長期投資をするなら直近の運用成績は気にするな!

2016年12月14日

あけましておめでとうございます!
ことしもよろしくおねがいいたします。

とまあ新年の挨拶をしてみましたがもう1月も終わりですね。
でもなんとか今月も更新できそうです(*_*)

今回はここ1ヶ月で多かった問い合わせ内容、積立をやられている方から多かった内容を書こうと思います。
これは海外積立投資もそうですが長期投資をやられる際は必ず頭に入れておかなければならない事なので良く覚えておいてください。

長期間の投資をやる際に理解してほしい事

最近相談される事で多いのが「運用成績がマイナスで心配」「去年の成績が悪くて心配になる」など去年のチャイナショックなどによる運用成績が悪いことによる質問です。
海外積立投資を去年からはじめられた方やここ数年ではじめられた方は私が知っているIFAはほぼマイナス運用です。ぎりぎりマイナスではない会社もありますがプラス2%程度。

私の運用をお願いしているIFAも2015年はマイナス7%でした。
でも過去7年で見た場合、年利24%です。
契約したタイミングの状況によるので正直マイナスに振れることもあります。
でも過去の運用成績で見たらプラスの利益を出しています。

海外積立投資もそうですが長期投資は「ドルコスト平均法」と時間を味方につけて運用していく投資スタイルです。
そして運用をしているIFAのファンドマネージャーも長期運用を考えて運用計画を作りファンドのスイッチングなどを行っています。
単年だけ見たらマイナスの年もあればプラスの年もあり、それの繰り返しを20年、25年と運用して年利6~10%を目指しています。

現在海外積立投資を始めていて、マイナス運用が気になってしまう方はとりあえずは運用成績を気にしないでください。
そしてIFAも日本語対応窓口がないなどよほどのことが無いなら変えないで様子を見てください。
いろんな投資案件などを聞いたりやってみたりしましたが海外積立投資はやはり堅い商品なので自信を持ってください。
投資は自分の精神がぶれてしまったら負けです。強い精神で運用を見守ってください。

いま現在海外積立投資を検討していたり、契約前の人は単年や直近のマイナス運用が気になってしまうタイプなら、海外積立もそうですが長期投資も含めて投資には向いていないと思います。
それが原因で精神的ストレスになってしまっては元も子もないので。
投資と言うことを理解して、マイナス運用になってしまうことを含めてリスクを許容ようなら海外積立投資の扉を開いてください。

リクエストがあると記事が書きやすいかも

マイナス運用に関しての話が多かったので今回はこの内容で書いてみました。
他に書いてほしい内容があったらリクエストしてください!

そういえば最近、会社で「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」が流行ってまして、その影響で先週から厳選されたスペシャリティーコーヒーとMCTオイルを取ってダイエットに励んでいます。
※グラスフェドバターはまだ試していませんが様子を見て試していきます。
ただいま71.8kgあるのでこれがどこまで落ちるのかレポートしていくかも!?

とりあえずは毎週の更新を目標にがんばります!!

The following two tabs change content below.
りゅ→

りゅ→

海外積立を紹介してくれた人と連絡が取れなくなったため独自で勉強しています。 私みたいに紹介者や業者と連絡が取れない方/これから始めてみたい方は、お気軽にご相談ください。拙い文章ですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。