2016年5月現在フレンズプロビデント(FriendsProvident)運用報告

2016年12月14日

去年のチャイナショックで運用成績がマイナスになりそれに対するお問い合わせが度々あります。
不安な声やどうしたらいいのかと伺うたびに「短期間で運用は見ないほうがいいと」説明してます。
このような問い合わせに付随して私の運用成績も聞かれることがあるので久しぶりに運用成績を公開しようと思います。

フレンズ運用成績
フレンズプロビデントの公式サイトからログインをして私の今現在の運用成績がこの画像です。

内容を読み解くと払い込み開始が2011/2/2で最近の払い込みが2016/5/2まで行っており現在の評価額はUSD28780.86となっております。
ここには掲載されていませんが払込期間から掲載して総払い込み額はUSD32000となり、現在の運用はマイナス3219.14となります。

これだけを見たらマイナス運用で不安になる方もいるかもしれませんが、大きな経済の流れの中でマイナスになればプラスにもなります。
2~3か月前に運用を見たときはマイナスがUSD5000近くあったのでここ数か月で戻してきていると捉えることもできますね。
海外積立投資は5年程度の短期間ではなく、10年20年30年と長期的なスパンで運用を見ています。
経済は上げ下げの連続をして成長を続けているので初めて5年単位ではマイナス運用になることもあるので長期的に物事を考えて心を落ち着かせてください。

あとマイナス運用の事でIFAを変えたほうがいいかとも聞かれます。
去年の運用成績はマイナスだったIFAは多くだれもが同じ状況なので、今年の運用成績を見て考えてください。
なぜ今年を見るかと言うとマイナスだった年の翌年はプラスになることが多いからです。もし今年プラスにならないようならIFAの運用が悪い可能性があるので変更を検討してもいいかもしれません。

私がマイナス運用になった原因は最初のIFAの運用の悪さと移管した運用先が思ったよりパフォーマンスを出していなかったことですね。
私と一緒に海外積立を始めた方(同じ金額で同じ年数運用)はすぐに違う移管先(同じ金額で同じ年数運用)を見つけて移管した結果、運用はマイナスにはなっておりませんでした。

海外積立に限らず、確定拠出年金や変額年金なども長いスパンで運用をみる商品なので短期的な投資はあまり不安にならないように。
それでも気になるようなら気になる部分を私にご質問ください。

The following two tabs change content below.
りゅ→

りゅ→

海外積立を紹介してくれた人と連絡が取れなくなったため独自で勉強しています。 私みたいに紹介者や業者と連絡が取れない方/これから始めてみたい方は、お気軽にご相談ください。拙い文章ですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。