HSBCなどの海外口座を開設するには大体どのくらいの費用が掛かるのか計算してみた

2016年12月14日

海外積立を始めたときに同時に開設をしたHSBC香港の口座ですがあまり活用する機会のないままに時を過ごしております(笑)
ホントは積極的にHSBC香港の口座を活用した資産運用することも考えている今日この頃であります。

最近は本屋に行くと海外投資や海外不動産、海外の口座開設の書籍が結構あり、東洋経済やビッグトゥモロウなどの雑誌にも特集が組まれていたりしますね。
海外口座開設は海外投資の第一歩な感じで言われていますが日本語サイトでもないし、使い方を調べるのも大変なので個人的には結構ハードルが高く感じます。海外積立の受け皿としてでなく単純に投資や資産の分散(資産フライト)で使われている方もいるので海外口座を開設すると最低どのくらいの費用が掛かるか私なりに計算してみました。

必要な費用は航空券、ホテル代、口座開設費用!

条件付けで出発地は東京、一泊、英語はしゃべれない、口座開設サポートを付けての開設となっています。
※日付設定は6月10日(金)~6月11日(土)
香港の銀行は土曜の午前中も業務をしているので前乗りしての土曜日午前口座開設、郵送での開設もできると聞いたことがありますし口座開設できるようですが郵送では投資口座は作れないとも聞いているので現地での口座開設となっております。

香港までの航空券

行き:ジェットスター航空 直行便 4時間40分
帰り:ジェットスター航空 直行便 4時間35分
合計金額:29713

安い!東京ー大阪間のぞみ新幹線と同じくらいの数字ですね。
航空券はいまは格安航空(LLC)もあり私が行った5年前より確実に安くなっている印象。
キャセイパシフィックなどの格安ではない香港の航空会社を使う10万近くなりました。4時間強なら格安で辛抱しますね。

香港のホテル1日宿泊

格安;1287
5年前泊まったホテル:18525
(ホリデイ・イン ゴールデン マイル)

自由人ならどの日にちに行ってもいいですが平日に仕事をしているサラリーマンと考えると、土曜日午前口座開設と考えて金曜日に前乗りしての開設が妥当だと思います。
宿泊するのは最低限セキュリティーが保たれているところにしたいと思います。日本とは違いホテルの金庫に入れてもものが取られると言うことを5年前に聞かされたので。一応五年前に泊まったホテルは問題なかったのでそこと最低価格掲載します。

口座開設のサポート料金

最低:21000
最高:55000
5社ほど調べて21000円、28000円、36000円、42000円、55000円でした。
私は確か5万だったので高いほうだったかもしれませんね。5月20日時点での為替で計算しております。あとこれにサポート料金なども掛かる場合やダウングレードなどはオプションになっているのがほとんどなので単純に開設のみの費用となってます。

まとめ
ざっくり計算すると69238円(ホテルは5年前のホテルで)、ホテルを安くすれば52000円で口座開設が可能となります。
これ以外に大体預金として10万~20万は入れてほしいと言われます。

私が口座開設したときより円安なのに確実に安くなっていると思われます。
費用をみると格安航空の出現は大きかったですね。航空券は高いですからね。
あとホテルはランクを下げれば信じられない価格がありますが、正直安全はお金で買ったほうがいいと思います。

私が言える立場ではないですが海外口座は作るのが目的ではなく活用するのが目的だと思うのでせっかく作ったら活用をしてはいかがですか?