やらなきゃ損!ふるさと納税はサラリーマンの味方!?

2016年12月14日

5月31日は自動車税の支払い期限ですね。※決して税務署の職員ではございません。
自動車税を払う度に税金は高いな~と感じますしなんとか節税したいな~と思うけどサラリーマンだとやれることに限界があると言うかあんまりやれないですね。

そこで少しでも還元してもらうためにやってほしいのが「ふるさと納税!」
2008年から始まった制度ですが聞いた事はありますか?
私はふるさと納税と聞くと自分が欲しい商品がある都道府県に税金を納めるとその商品が貰えるシステムだと思っています。
納付書を自分の住んでいる市町村に申告すると払うはずの税金がその金額分引かれる。
このような感じですがみなさんはどうでしょうか?

どんな内容かは理解していないので調べてみました。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は自分が住んでいる自治体へ寄付金と言う形で自分のお金を寄付することによって、寄付した自治体の特産品が貰えたり、自分が住んでいる自治体の住民税の控除や所得税の控除を受ける事が出来る仕組みです。
ようは自分が住んでいる以外の自治体に税金を納めて特産品を貰いましょうと言った感じかな?

自己負担金は実質2000円は掛かるようですが

寄付金-2000円=所得税の還付、住民税の控除

となるので控除となる対象額は収入によって異なってしまいますが、2000円の自己負担で地域の特産品が貰えて、税金も控除されるならやらないと損じゃないですか?

節税は出来るならやったほうが良い

ふるさと納税は節税の部類に入ると思いますができる限りの節税はやった方が自分に得になるのでやったほうがいいと思います。
他に身近なものとしては生命保険控除や医療費控除が当てはまりそうですね。

パナマ文書で有名になったオフショア法人を使っての税金対策も合法的にやれば節税になるので決して悪いことではありません。
ただこういった学校や会社で学んだりするものではない知識は自分から知ろうとしなければ入ってこない情報です。
情報や知識の差で同じ給与を得ていても払っている税金が違うのでぜひ試してください。
申請などで少し手間が掛かりますがほんの少しのことですからね。

ダイエットは継続してますが停滞しております!

ダイエットは現在停滞中です!
初めてから6.2kg痩せて体脂肪率は3%ダウンです。服のサイズも変わってきたのでスーツがゆるゆるになってきました。
嬉しい反面、買い直さなきゃいけないので出費が痛いです。。。

冬までには目標体重60kgを目指してがんばっていきます。