海外積立(オフショア生命保険)は本当に老後資金1億円作れるのか?

2016年12月14日オフショア積立型年金プラン

老後の生活資金は1億円必要です。「老後の生活資金、いくら必要かあなたは考えた事ありますか?

個人年金保険/資産運用/預貯金では老後の資金作りを説明してきましたが、日本国内で老後の資金1億円準備するのは裕福な方で無い限りとても難しい数字です。

そんな中、注目を集めているのが海外積立です。

いつかはゆかしにより海外積立は有名になりましたが、まだ一般的には聞いたことも無いと言った方が大多数です。
そんな海外積立がなぜ老後の資金作りに良いのか、どういった仕組みなのかを詳しく説明していきます。

老後の資金作り+オフショア+海外の保険会社=オフショア積立型年金プラン

海外積立とは、老後の資金作りを目的としているオフショア積立型年金プランの事を指しています。
積立と聞くと純金の積立や銀行への積立など様々ですがいま注目を集めいているのはオフショア積立型年金プランです。
オフショア積立型年金プランは、香港/シンガポール/マン島など、オフショア地域の保険会社が提供している年金プランです。
このオフショア積立型年金プランは日本国内と同様で、国の年金制度以外に政府に頼らない老後の資金作りの為や、そもそも年金制度が無い国の方へ向けて作られているものです。
いまでは日本から一番近いオフショアの香港も強制積立年金制度(MPF)設立されていますが、いままで政府自体が自分の身は自分で守りなさいと言ってきているので、いまでも香港人の考え方は変わってないそうです。

そんな海外の保険会社の年金プランが注目を集めている一番の理由は、毎月5万の積立を25年間続ける事により老後の資金1億円が作ることが出来ると言われているからです。

私が初めて聞いた時は友人からだったので単純に凄い!と感じましたが、知り合い程度の人から聞いたら嘘だろ?と思ってしまうでしょう。
なぜって単純に複利で計算した場合、年利10%無いと1億円に届かないからです。
※日本の場合:銀行、年利0.02%(普通預金)。保険会社の年金プラン、25年掛けて元本の1,1倍
年利10%は株やFXなど以外ではまず国内出せる数字ではないでしょう。株やFXにしてもリスクが高すぎます。

ですが海外では年利10%は可能と言われました。
そしてそれには様々な理由がありました。
その理由は三つのキーワードからなります。

オフショア籍の保険会社
IFA
リスク分散

次ではオフショア籍の保険会社から説明していきます。