海外積立の支払いをクレジットカードで払っているならポイント還元率が高い物にこだわって少しでも得をしよう

2016年12月14日

海外積立を契約されている方の多くは、毎月の積立金をクレジットカード経由でお支払いされているかと思います。
私もクレジットカードを使って支払っているのですがフレンズプロビデント、スタンダードライフ、ハンサード、エイジアス、インベスターズトラストはクレジットカード決済で支払いをする場合は投資額の1%手数料で引かれてしまいます。
例:毎月USD500の場合、クレジットカードの支払い明細書はUSD505となっています。

海外で収入を得ていたりする場合はHSBC香港などの海外口座を通じて口座引き落としも可能ですが多くの日本人はクレジットカード払いかと。
私はクレジットカードで払うなら少しでもクレジットカードのポイント還元率が高い会社にしようと思い、高還元率のカードを利用しています。私の場合はポイントで欲しい物もないので現金還元が一番高いカードにしています。

私が使っているクレジットカードの場合

私の使用しているクレジットカードは1.5%ポイント還元で尚且つ翌月の支払いから現金引きすることができます。
例えば毎月50,000円積立をクレジットカードで支払っていると手数料は積立額の1%なので500円手数料で取られています。ですがポイント還元率が高いカードだと50,000円の支払いに対して1.5%だったら750ポイント付与されます。そしてそのポイントが1ポイント1円として利用でき翌月の支払いから引くことができます。

積立手数料500円
ポイント還元750円
=250円の得

私の場合は欲しいものがないので現金還元にしていますが、ポイントで欲しい物があったり、マイルとして使用したい場合は私の知るか限りでは2%還元まであるので自分にあったクレジットカードを選んで、いま損をしているなと思ったら還元率の高いカードに変更してもいいかと思います。

同じ払うなら少しでも得しなきゃね

いま日本人が契約できる海外積立商品は減ってしまったので国内ではRL360かインベスターズトラストしかありませんが、RL360だったらクレジットカード手数料は新しく採用されたAMEXが1%掛かるくらいで、VISA、MASTER、JCBでは手数料が掛かりません。インベスターズトラストはクレジットカード払いは採用されているカード全てで1%かかります。
どの商品を契約するにしろ小さい数字の事かもしれませんが、長期契約ではこの小さな積み重ねこそが大事なので少しでも自分が得するカードで支払うのが賢い選択かと思います!

これは積立の支払い方法だけで無く、毎月固定で支出している物をすべてクレジットカードに変更すると大きく変わってくるので電気代、携帯代金、保険など毎月支出してるものがあるなら一緒に変更してもいいかもです。