海外積立は5年を過ぎたくらいから本当の運用結果が見えてくる

お久しぶりです。
更新頻度も下がり毎回放置気味になりすみませんm(_ _)m

今回更新したのはIFAを移管して結果を出した記事で多くのお問い合わせ頂きました。
私は積立ははじめはマイナス運用でかまわないと思っています。
どうしてマイナス運用良いかはこちらの記事を呼んで頂けると分かると思います。
https://www.manedepo.com/archives/453

ですがリーマンショックなどで運用が悪い中でも下げ止める能力、市場の波に乗って運用をあげる能力を見極めなければいけません。

お問い合わせ多いのが運用がマイナスで契約したことを後悔していたり、IFAを移管したかったりが多いですが、海外積立はギャンブルではありません!
なので変な商品を契約したとか後悔しているとか思わなくて大丈夫です。

海外積立を契約したあと後悔している人の原因

以前も述べたかもしれませんが後悔している人の原因をみていると

・紹介者のレベルが低い
話ている内容が相手の事を考えていなかったり、自分の報酬目当てで提案してくる

・紹介者が取り扱いしているIFAが1社だけ
1社だけのIFAしか取り扱いしていなければそこの取り扱いしている商品しか勧めませんし、客観的に比較をしているようには思えません。

・IFAのレベルが低い
日本人市場をメインに考えているIFAは私が見て聞いている限りだとサポートは良いが運用は悪い傾向にあります。
運用は良いにこした事がないので契約時に出来るだけ日本人担当者がいて、過去の運用を見たときに運用が良いIFAを選ぶ必要があります。

海外積立はギャンブルではありません。
商品自体は海外の保険会社の商品ですし(日本の商品でいうなら変額年金または確定拠出年金)、IFAも香港に正式に登録されている投資顧問の会社です。

どんな保険会社かを知り、どんなIFAかを知り、どんな商品かを知り、保険会社の選択、IFAの選択、商品の選択を間違わなければ後悔することは無いと思っています。

契約時のボーナス(通称:ゲタ)の説明をしっかりしていない紹介者が多い

これは相談を頂いたり、インターネットで運用結果を調べてて実感した事なのですが、初期口座に1ヶ月目に追加されている保険会社からのボーナスを運用が良いように思わせているし思っている人が多い。

なにが言いたいかと言うと初期口座と呼ばれる契約満期まで引き出すことができない口座は保険会社の手数料で多く取られるので増えないと思ってください。
そしてボーナスとして追加されている部分は減っていくものだと思ってください。

増えるのは貯蓄口座と呼ばれる25ヶ月目からの部分です。
これを理解していないと減っているように思えると思います。実際減っている方もいると思いますが。

運用成績は長期積立という性質からすぐに気にしないでいいですが、5年を経過したあたりで運用がマイナス運用だったらIFAの移管は考えてもいいかと思います。
マイナス運用でもいいんですがそのIFAが能力が無いIFAだったら意味がないですからね。

25か月目から移管はできますが、出来ることなら契約するIFAは最初からしっかりしたIFAが良いに決まってます。

りゅーの余談

話は変わりますが、最近の名古屋の天気は急に雨が降ったり雷落ちたりと不安定。
夜は涼しいからいいが車の洗車のタイミングをいつも逃してしまいます(*_*)

週末から来週にかけて出張が続きますが体調管理に気をつけてまたがんばって更新したいと思います。