海外の銀行口座開設に香港へ行ってきました!あと私が移管したIFAにも行ってきた!

2017年12月9日

皆さまお久しぶりです(^_^;)
更新する更新すると言いながらまったく更新をしていないまねでぽを管理しているりゅーです。

今回更新したのは私の友達が海外口座を作りたいと依頼があったので久しぶりに香港へ行ってまいりました(*^_^*)
いまはHSBCは英語が喋れないとだめな時代で今回はスタンダードチャタード銀行にて口座作成を行ってきました。ついでと言ってはなんですが、私が友人を紹介したIFAにも訪問してきました!

初日はIFA訪問


1日目は湾仔駅近くにある、IFAへ。
久しぶりにMTRを使って見ましたが駅構内は特に迷わなかったのですが駅を出でからは迷いました(°▽°)

迷った末になんとかIFAに到着。
すかさずミーティングルームにて積立の現状や積立を契約された方に向けての話を聞きました。

印象深かったのは積立や保険会社の商品はとても良いものだがそれを仲介や紹介してる人の知識がなさすぎて悪評やトラブルになることがあると。
例えばこの海外積立の始まりは2003年頃から始まり、その時期はフレンズプロビデントの商品を契約しています。

でも多く見られるのは最初の2年だけ積立をしてそこからは止めてそのまま持っている人がいたりします。
2003年に契約した人の満期は、2023年~2028年(20年~25年契約)なのでこの時期に一斉にトラブルが続出する可能性がある事を言ってました。

もしその通りにトラブルが続出したら、どうなるか。
契約された方達が騙されたと思い、消費者庁や金融庁に話がいき、いまはまだ契約できる、RL360やITAの商品など海外の保険商品(金融商品)が契約できなくなる可能性があります。

その話を聞いて改めて紹介者の説明や質か大事だなと思いました。

毎日、毎月運用は見なくてもいいけど、毎年1月1日くらいに思い出したように運用を見て前年とどうだったか見てみよう


ここの会社の運用は2008-2017年の平均利回りは8%、2014、2015、2016の3年は±0 だったこともあり、3人のファンドマネジャーをクビにしたそうです。そして2017年は15-16%とパフォーマンスが上がってます。

担当者も言ってましたが3年運用を見て運用が上がってないなら、他のIFAも見たほうが良いと言ってました。
その方は自分自信もIFAにいるのに客観的だなと感心させれましたね^_^

私も長いスパンで見たほうが良いので以前のIFAが運用悪くても移管しませんでしたが、一年前に友人が移管して一年後に元本割れしたのが元本回復してプラスになってたので私も移管しましたからね。
今回の話が聞けて本当によかったと思いました。

私もせっかく移管したので移管する前の運用と一年後くらいにその後どうなったか載せようかな(^◇^)
他にも面白い話があったので時間があるときに書こうかと思います。とりあえず思ったのは資産を持ってたら香港へ持っていた方が確実に増やせるという事がわかりました。

口座開設編は次回更新します!すぐに!(笑)