積立投資はリスクを抑えてリターンを得る

2016年12月14日オフショア積立型年金プラン

海外積立投資はリスクを抑えて、年利10%程度のリターンを得ることができます。そんな都合のいい話はないと思われるかもしれませんが実際に現実的な数字です。
ではどういった方法で実現しているのかを説明します。

銘柄の分散

海外積立投資は保険会社が提供するファンドを購入して運用をします。
そのファンドには株や債券、ゴールドや天然資源など様々なジャンルの物が国なども別れて入っていて、株だけではリスクは高くなってしましますが、その対比している債権を同時に購入することにより株単体よりリスクを抑えることができます。
複数の銘柄を組み合わせてバランス良く分散投資をすることが安定した運用とリターンを得る条件です。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、毎月決められた金額を一定期間継続して購入する投資手法です。
日本人が海外積立を契約する場合、円から米ドルへ両替する際の為替の下落、上昇により損失を被る可能性があるため為替リスクを考えなければなりません。
ですがドルコスト平均法を用いることにより、毎月一定額購入するため為替相場を平均化できリスク分散が行えます。

ファンドは一口単位で購入するのですが、為替と同様にファンドにも価格変動が起きることによって、購入する口数が変わってきます。
ですがドルコスト平均法により一定額の購入をするので相場が高い時は購入する口数は少ないのですが相場が安い時は多くなります。これによりファンドの価値が下がっていても購入する口数が増えれば価格が上昇したときに大きな利益を得ることができます。

為替リスクと価格変動リスクをドルコスト平均法によりリスクを抑える事が出来ています。

「ドルコスト平均法をわかりやすく解説してみました」ではわかりやすくドルコスト平均法を説明しています。

複利+長期運用

複利とは元本から得られた利益をそのまま元本に上乗せして運用していく方法です。
複利運用をすることにより得られた利益はそのまま運用され雪だるま式に元本が増えていき資産を増やす事ができます。
※単利は当初預けた元本に対してのみ利息がつく方法です。

複利で長期運用をすることにより資産の増えるスピードを加速させることができます。

理にかなった投資手法

このように海外積立投資はドルコスト平均法やファンドによる分散投資を行うことによりリスクを低くしながらリターンを得るようにして、複利による長期運用をすることに資産を加速度的に増やす事ができます。

私がこの話を聞いてからいろいろ調べましたが海外積立投資はリスクを抑える方法、リターンを得る方法が理にかなっているのでいまでも凄いと感じてます。

次は海外積立契約時に説明される、初期口座と貯蓄口座の役割について説明します。