海外積立を利用した詐欺に注意してください

2016年12月14日

海外積立(海外積立投資)は海外の保険会社が老後資金を作る為に提供している海外ではスタンダードな個人年金プランです。
日本でもフレンズプロビデントから始まり、スタンダードライフロイヤルロンドンなどの商品が契約数を伸ばしており一般的には知名度はまだ低いですが老後の資金作りの一つとして人気が高まっています。

ですが海外積立をを利用して詐欺まがいな事や詐欺をする輩がいるのも現実です。

海外の保険会社が提供している積立型年金プランはリスクを極力減らせて資金を作るにはベストな方法なので詐欺行為などによって海外積立が悪く思わるのが嫌なのでこういった話だったら注意しください。

私募債ではない

海外積立と呼ばれる積立型年金プランは海外の保険会社が提供している商品なので私募債や1口10万など話が出たらきっぱり断りましょう。

毎月の積立額以外に払うものはない

毎月の積立額以外に支払うものはありません。手数料などはその積立額や運用資金から引かれるのでその他で手数料を引かれるようだったらそこからの契約はやめましょう。サポート料金とうたっているところはありますが無料でやってくれるところはいくらでもあります。

メリットしか伝えず、デメリットを伝えない

海外積立(海外積立投資)は老後資金を作るためのリスクを極力抑えた投資商品ですがデメリットもあります。
そのデメリットを伝えない紹介者や業者からは契約するのはやめた方がいいです。途中で連絡が取れなくなるのが落ちです。
最低限伝える必要がある項目
・元本保証ではない。
・初期口座期間中(約1~24ヶ月)の解約は一切お金が戻ってこない。
・手数料の仕組み   
など