第二章:あなたはどのくらいお金の事を意識し大切にしていますか

2016年12月14日

日常生活の中でお金はとても身近なものですが日本人は欧米に比べてお金に対してあまりにも無頓着です。
ではここでお金に対してどこまで意識しているかの簡単な質問をします。この質問に答えてどこまで意識しているか考えてみてください。

あなたの財布の中身はいくらですか?

たとえば今、あなたの財布にはいくら入ってますか?明ける前にまず予想をしてみてください。



では財布の中身を確認した結果どうだったでしょうか?自分の予想と誤差がどのくらいあったでしょうか?ぴったりだった、数十円程度の誤差だった、千円単位の誤差だった。

お金を財布に入れた日はいつ?

次に財布にお金を入れたのはいつでしょうか?
財布の中身が足りなくてATM等で引き出したお金はいついれたのでしょうか?



思い出せましたか?給料日に引き出して以来出してない、昨日出した、忘れてしまった。あなたはどうでしたか?

自分の財布の管理は意識改革の第一歩

二つ質問ですが一つ目の財布の中身の誤差はどのくらいありましたか?数十円~数百円程度だったら優秀です。誤差が千円以上だったら日頃の金銭管理を考え直しましょう。
そして二つ目の質問ですがきっちり思い出せましたか?

この二つの質問の結果が良くてどうしたと思われるかもしれませんが、お金が欲しい、お金を貯めたいと思っている人が自分の財布の管理が出来ていないのにお金が貯まる又はお金が入ってくる訳がありません。

細かい事をコツコツと

そこでまずは自分の財布の管理からやっていってお金に対する意識を変えていきましょう。
簡単なお金を管理する方法として、毎日財布に入れる金額を決めておきましょう。例えば財布に入れて置くお金は5000円と決めて、減った分だけ補充していく。これをすることに頭の中には5000円の意識があるので買い物する時も無駄な買い物などを減らす事ができます。

そして財布はお札、小銭を分けて管理できるようにお札用の財布と、小銭用の財布は分けておきましょう。買い物をするとつい細かい金額でもお札を出しがちですがいくら使っていくら残っているか分からなくなるのでやめましょう。お札と財布を分けるて小銭から確認してお金を出す癖をつければお金の管理が出来てきます。

細かいことの積み重ねですが出来ることから意識を変えていきましょう。

The following two tabs change content below.
りゅ→

りゅ→

海外積立を紹介してくれた人と連絡が取れなくなったため独自で勉強しています。 私みたいに紹介者や業者と連絡が取れない方/これから始めてみたい方は、お気軽にご相談ください。拙い文章ですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。