海外積立の満期を迎えたらその資金をどうするか考えてますか?

2016年12月14日オフショア積立型年金プラン

海外積立(海外積立投資)は老後の資金作りの為に海外の保険会社が提供している、積立型年金プラン(セービングプラン)です。では将来満期を迎えた時、その資金をどうしようか考えていますか?

老後の資金だからそのまま切り崩して使えばいいじゃないかと思われがちですが満期後の資金をどうするかは契約者の考え方次第です。
銀行に資金を移して切り崩して生活していくのが一般的に考えられると思いますが実はこういったパターンも存在します。

満期後の資金の使い方

そのまま継続運用してもらう

積立型年金プランには同じ保険会社の商品でも101とCRの2つのタイプに分かれます。101保険機能付きCR保険機能なし。101の商品を契約している方は満期を迎えても100歳の誕生日まで運用を続ける事ができます。逆にCRは満期を迎えるとそれ以降は運用は出来ないので銀行などに入れる必要が出てきます。

101だったら満期後も運用してもらい資金を増やす事も可能ですし、満期時の資金によっては運用してもらった利益で生活する事も出来ます。

海外の銀行口座へ預金する

海外の銀行口座へ入れるのは悪く無いと思いますが、海外の代表的銀行のHSBC香港を見ても日本よりは金利は良いですが決しては高い訳ではありませんので増える要素は少ないです。海外に資産を置いて置くという意味ではいいでしょうがあまりおススメはしません。

日本の銀行口座へ預金する

この選択肢は私はないと思っています。なぜかと言うとせっかく通貨の分散をしていたのに日本円に戻すメリットが無い。そして日本の低金利では預けていても利息はたかが知れています。

満期後も継続運用がベスト

私が積立に対してのルール積立資金は満期まで切り崩さないようする。そして満期を過ぎてからは運用をしてもらいつつ、お金が必要な時は運用資金から切り崩していく。運用しつつ切り崩していくなら目減りも少なくなりますからね。
なので私の考えは101(保険機能付き)を契約して最後まで運用してもらうのをおススメします。

そして私が亡くなった時には残った遺産は家族へ継承。