日本の銀行で運用するのが難しいのか調べてみた。

日本の銀行で運用するのが難しいのか調べてみた。

まずは、2014年の主要銀行の金利比較表
     ↓ ↓ ↓ ↓

3無題

まぁ色んな見方ができますが、10年金利をとってみてもSBI銀行で1.25%。
ざっと言ってしまえば、100万円を10年預けたら、101万2500円になりますよーというお話。

でも、前の記事でも書いた様に昔と比べてお金の価値は下がってきています。
これは国土交通省のHPから拝借したもの。
(指数計算はややこしすぎるので断念!!お金の価値が下がっていることをイメージするためのものとしてご覧ください。)

↓ ↓ ↓

無題5

ここでもはっきり、

我が国最初の高速道路の開通(名神高速道路<栗東~尼崎>昭和38年)から今日までの高速道路料金のアップ率は、物価上昇率や他の公共料金のアップ率に比べて低い割合にとどまっています。

と言っています。
つまり、物価は上がってきているのです。

カップ麺のどん兵衛だって、昔は100円前後で買えたのに、今では150円台。

昔は140円前後だったアサヒの缶ビールも今では200円台になっています。

モノの価値は上がっています。

その分お給料は増えているか?

そんな事ありません!
↓ ↓ ↓

zu_00_01

物価が上がってるのに、お給料は下がっているか、現状維持のまんまだから苦しいんですねー。

昔は手取り18万あれば生活できたのが、今では20万ないと生活できない!
こんな時代ってどうなのー!?

どうすれば、生活を安定させていけるか?

安倍総理も言ってる!「投資をしましょう!」

2014年から始まったNISA
ざっと言えば、投資で増えたお金に関しては税金少なくしますよー!というものです。

一口に金融商品と言っても色々ありますが、聞く事も多いREITsについてみてみます。

j-reit_img01

これがREIT。
そして、次にあの有名な赤い銀行のJ-REIT3か月決算型の商品のページから拝借。

↓ ↓ ↓
6無題

うーん。。。

なんじゃこりゃ。よくわからん!

ざっというと、

商品を購入した人が負担する費用は

購入手数料 ・ 運用管理手数料 ・売買委託手数料 ・ 監査費用

の4つになります。

購入手数料は3.24%なので、100万円使って購入した時から、96万7600円に目減りします。
(まぁ実際は別途払うのですが、あくまでイメージ)

そして、目論見書(ファンドの計画書)から拝借した配当実績がこちら

↓ ↓ ↓
7無題

3か月で配当金180円。
うーん。。マイルド。

そして、その赤い銀行のATMの手数料がこちら

UFJ8

見事にATMでお金を引き出した時の金額のが高い。。

日本の銀行でいくら運用しても手数料負けするかパフォーマンスが悪くて、元金が減るのが簡単に予想されますね。

まとめ

日本の銀行で運用して、資産を増やすのは結構厳しい!

みんなが口々に言うけど、実際調べてみたら、やっぱりそうでした><;