あなたは円安の影響で海外投資に悩みがありませんか?

≪いまから積立を始めたい、積立を開始しているが円安が家計の負担になっている方は読むと解決策があるかもしれません≫

最近は円安の進行が止まりませんね。

私がフレンズプロビデントプレミアを始めたのが2011年2月です。その時は1ドル82円程度で積立額がUSD500/月だったので毎月の支払いが41000円ぐらいでした。
そのあとも円高が進み76円程度だったときは38000円ほどになっており、ふところにも優しかったので当時は嬉しかった覚えがあります。

最新の引き落とし履歴を確認したら61545円=1ドル123.09円でした。
以前は金額が上がるにつれて最初は今月も金額が多いな~とふところ事情がよくなかったので嫌なイメージでした。
でもUSDで積立をやっているので為替変動の影響を受けるの当初から承知の上なので、最近は引き落とし額を見ても多くなっているな~と思う程度で私は特に気にはしないようにしています。

でもわかっていても毎月の引き落とし額が上がってしまうのは、家計の負担にもなるし今後円安が続いてしまったらどうしていいのか不安になってしまう方もいると思います。海外積立を始めたい人も躊躇してしまう部分もあるかと。

ではどうしたらいいのでしょうか?

支払額が増えてきて家計を圧迫していきている

私が始めたころに比べると2万円以上差が出ています。
積立はなるべく投資額は変えずが理想ですが、家計が大変な状態ではそうも言ってられないです。
IFAに依頼すれば積立額の減額も出来るので自分に負担が無い程度下げるのも手だと思います。

もしくは積立額は変えずに支出を見直して維持する。例:娯楽費を抑える、嗜好品(タバコ、酒など)を抑える。

海外積立を始めたいが為替に影響されるのが気になってしまう

私も積立はUSDでやっているので必然的に為替の影響を受けてしまいます。
ですが悪い部分だけを見てしまっていませんか?

海外積立をやっているのは将来の資産作りもありますが、通貨の分散資産の分散といった面ももっています。
例えばこのまま円安が続いていけば円だけを持っているのはリスクになります。円の価値が下がっているので下がっている通貨だけを持っているのは危険です。
海外積立は国を変え、通貨を変えて資産の分散をしています。
円が引き続き下がったとしてもその都度、海外積立を使って外貨に換えていれば通貨分散が行えて、上がっていく通貨、下がっていく通貨を両方持つことが出来てバランスの良い資産を持つことが出来ます。

それでも変動のない一定額積立をした場合は、ロイヤルロンドン360QUANTUM(カンタム)だったら日本円の積立が34000円から出来るので円建てで積立するのがいいかもしれません。
円建てと言っても円なだけであって、毎月の支払額は34000円ですが実際はそれをUSDに変換をしてから運用をしているので為替の影響は受けてしまいます。

例:毎月支払が38000円の場合
1月 1ドル/120円 =USD283.33
2月 1ドル/100円 =USD380
3月 1ドル/80円  =USD475

支払額は一定ですが毎月の運用する金額が異なります。

まとめ
正直この先の未来はどうなるかわかりません。
ですが問題が起きた時に行動しなければ結果はでてきません。

積立契約していて為替の影響に悩まされているなら、減額をすれば良いと思うし、金額を変えたくないなら生活を見直してみるチャンスかもしれません。

これから海外積立を始めようと思っているなら自分に見合った内容で初めてみるのもいいでしょう。

生きていることはリスクだらけです。
一つに依存しているのはリスクでしかありません。
自分の未来のために行動していってください。

お悩みやご相談があったらお気軽にご連絡ください。
※仕事の関係ですぐにご返信できないかもしれませんがなるべく早くご連絡できるよう努力します。

ご連絡先はこちらから

The following two tabs change content below.
りゅ→

りゅ→

海外積立を紹介してくれた人と連絡が取れなくなったため独自で勉強しています。 私みたいに紹介者や業者と連絡が取れない方/これから始めてみたい方は、お気軽にご相談ください。拙い文章ですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。