HSBC香港口座を凍結させないためには惜しまぬ努力が必要です

2016年12月14日

お久しぶりです。
週一更新する予定がほぼ一カ月ほど空いてしまい申し訳ないです。

そういえば先月末HSBC香港のオンラインバンキングにアクセスをしようともったらトップページが変更されて少し驚きました。
変更されているのはトップページだけなのでも右上のLog onからパーソナルバンキングを選ぶと今までと同じ画面になりますけど。

ログオンの事を書いたので今回はHSBC香港の口座凍結防止について書こうと思います。
あなたが最後にATMでお金を引き落としたのはいつですか?最後にオンラインバンキングにアクセスしたのはいつですか?

HSBC香港の口座は動かさないと口座凍結されますよ

HSBC香港の銀行口座は一定期間口座を動かしていない(引き落としや入金など)をしないと、海外(日本国内等)のATMを利用してお金の引出や操作が出来なくなります。
その口座凍結にも2種類あり、休眠口座と凍結口座に分かれます。

休眠口座

休眠口座は一年間口座の動きがないと適用される状態です。
この状態は入金出来ますがそれ以外はすることができません。

凍結口座

凍結口座は休眠口座状態からさら1年なにも動かさなかった状態に適用されます。
ここまでくると何もできなくなります。

凍結口座状態続けているといずれは口座が抹消されてしまうそうです。
口座の抹消については周りでなった人がいないのでなんとも言えませんが。

HSBC香港口座の凍結解除はどうしたらいいのか?

私の友人が実際、休眠口座状態になったので以前仕事で香港へ行く機会があったので一緒に口座凍結を解除してきました。

自分たちで行った訳ではなく、日本で積立関係でお世話になっている方にお願いして、現地のコーディネータを介しました。
手続き自体は簡単でコーディネータに渡された書類に必要事項を記入して、窓口へ書類とHSBC香港のキャッシュカード、パスポートを提出して凍結解除手続きをしてくれました。

ですが手続きには3~4日掛かるのでそれ以降に使うことができます。

まとめ
口座凍結しないためにも半年に一回お金を落とす、インターネットバンキングを使って通貨の両替や短期の定期を組むななどして定期的に口座を動かさなければいけません。
この記事をみたらたまにはATM行ってお金を引き落とししてみましょうね。

ATMでの引き落とし方法はこの記事を参考に。

HSBC香港 セブンイレブン引き落とし方法

HSBC香港 ゆうちょ銀行引き落とし方法

あとインターネットバンキングへのログインを1年間ログインしていないと振込が行えなくなるので定期的にログインしましょうね。