第三章:お金持ちが実践しているお金の考え方

まだ10月に入ったばっかりですが、すでに金欠でお金がない。付き合いやイベントが多くて今月は出費がかさんでしまった事などよくありますよね。←この記事を書こうと思ったのが10月初旬でした・・・すでに後半もいいとこですが。。。

今回は私が学び教えてもらったお金に関する基礎的な考えて方の話をしようと思います。

お金の考え方

私がお金について学んだ事を大まかにすると4つの項目になります。細かく分ければ当然増えると思いますが、大まかに知っておくと良いのはこの4つです。

この4つが意識的/無意識的問わず理解できていないとお金はいつまでたっても増えにくいと思います。※当然増えないとは言いきれません。

それは稼ぐ貯める増やす守る

一つずつ簡単に説明していきます。

お金を稼ぐ

お金を稼ぐなんか当たり前だろうと思うかもしれませんが、まねでぽを読んでいる多くの方は将来の不安を考えていたり、その将来の不安をどう解決するか模索している人が多数います。※お問合せから感じた私の経験談です。
将来への不安の多くはお金に対する問題です。

そしてこの稼ぐには二つの意味があります。

一つが仕事をして安定した収入を得る。

安定した収入が無ければお金を残していくことも、生活することもできません。
都市部/地方問わず、最低限年収300万円~400万円程度は必須です。(東京は住んだことないのでちょっと不明です)
このくらい無いと生活を見直して・・・というアドバイスもできません。

もう一つが将来の為に収入を増やす(稼ぐ)。

将来に必要なお金を残していくには今の給与額では足りない可能性があります。そういった場合は今よりも収入を良くする努力をしなければなりません。
例えば転職や副業など方法は様々です。※仕事に関してはまた別の機会にいろいろと書ければなと思います。

ちなみに、あなたが世間一般的に言われている優良企業に勤めているならアホなブロガー/転職屋の言う事なんて気にせずに今の仕事を一生懸命がんばることをオススメします。過去の投稿にも書いていますが、人口減少が確定している以上、日本の将来は基本的には右肩下がりです。

お金を貯める

お金を貯めると言ってもこの貯めるは貯金して将来のお金を銀行に入れることではありません。万が一(緊急時)のためのお金の事を言います。決して車を買うための貯金や家を購入するための資金ではありません。

では万が一(緊急時)お金が必要な事はなんでしょうか?

・冠婚葬祭
 祝儀や香典費用、葬式の費用など
・事故や病気
 入院費用や治療費など
・リストラや職を失った場合の生活資金
 次の仕事が決まるまでの生活費

などがあります。

貯める目安としては生活費/月の3カ月分が目安です。
リストラや仕事を失った場合3カ月の期間があれば新たに職を探す事が出来ると判断してです。

例えばあなたの1カ月の生活費がもろもろ含めて30万円なら、3カ月合計90万円をすぐに引き出せる現金として貯金しておく必要があります。

お金を増やす

お金を増やせと言われてもどうやって増やせばいいのか?
すぐ思い浮かぶのは株やFX、投資信託やETFなどの投資商品かなと。
当然投資はハイリターンを望めばリスクは高くなり、リスクを低いものを選べばローリターンになります。

なお、最初のうちはお金を貯める→増やすの部分を相当繰り返すことになります。
というか先ほどの項目で3カ月といいましたがそれは生活費としての必要なお金であって増やすためのお金ではないからです。

つまり、100万円で投資できるものと1,000万円で投資できるもの、さらには1億円で投資できるものの間には確実に差が出てくるということです。さらに言うなら世の中は思っているほど効率的ではなく、金持ちがさらに金持ちになるような仕様になっていると言うことです。不平等だと言っても仕方ありませんので、自分で対策を立てなければいけません。

100万円しかない人に回ってくる投資商品と1億円持っている人に回ってくる投資商品には明確な差があることを理解しておいた方が良いと思います。当然、一発でとられる詐欺被害額にも相当な差が出ちゃいますけど。

ちなみに積立商品は貯めると増やすが同時に行える結構優れた商品でもあります。


ローリターンですが、日本国内の商品としては非常に優秀なのは確定拠出年金(日本版401k)です。所得税や住民税を下げる効果もありますので海外積立にどうしても抵抗のある方は確定拠出年金をおすすめします。※1年に1回掛け金を変更することができますが、60歳まで引き出すことができないのでその点は注意が必要です。

お金を守る

最後に「お金を守る」です。
お金を守るは増やす事に比べたら簡単な話に感じますよね。
でも、本当は結構難しいんですよ。

考えてみたら分かりますが、宝くじで高額当選を果たした人でその後の人生が転落人生だったと言う人の話は良く聞く話です。

そしてこれはほとんど真実だと思われます。英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソンのパーキンソンの法則「第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」が分かりやすいでしょうか。つまり、継続した収入が無い(小さい)にもかかわらず大金が転がり込んでくると入ってきた大金の額までお金を使ってしまうと言うことです。

お金を守ると言うのがこの4項目に入っているのはつまりそれだけ難しいって事なんですね。だからこそ、しっかりした予備知識をつけておかなければ「お金を守る」事はできないんです。

さて、お金を増やすは前途に述べた事ですが、お金を守る方法としては資産価値が落ちにくいものを購入したり、利回りが低くてもリスクが低く安定している商品を購入したり、同じ商品でも会社を分散してリスクを減らす事をするのが一つの方法です。あとHSBCなど海外の銀行に資産を移すのも守る手段の一つです。※移すだけではダメですが。

例えば資産価値が落ちないものとしては金(ゴールド)があります。金(ゴールド)は絶対量があるので相場の上げ下げがありますが、毎月一定額を購入すればリスクは低くなり、インフレへ振れている日本では資産を守る良い手段の一つだと思います。
私も少額ですが毎月金積立をしてます。
※金の埋蔵量は、現在の採掘技術では採掘済みのものを含めてオリンピックプールで3.5杯分です。ちなみに地中に埋まっている残りはおよそ1杯分との事。なお、技術力の向上や価格の高騰により採算ベースに上がれば石油と同様に埋蔵量は増えます。

まとめ
自分で書いておいてなんですが、海外積立を紹介しているブログの中では相当中立の立場で物事が書けている方だと思います。若干海外積立押しですが、結構普通に日本の保険とかも紹介してますし・・・。

さて、今回はお金の基本的な考えについて書いてきましたが、皆さんはどう思いましたか?
この考え方はお金持ちと言われる方々が基礎的に身につけている考え方です。これを実践すれば絶対お金持ちになれると言う訳ではありませんが、やる気と行動次第ではお金持ちに成れる、近づけると思っています。

自分を変えたいなら実践してみてください。

The following two tabs change content below.
りゅ→

りゅ→

海外積立を紹介してくれた人と連絡が取れなくなったため独自で勉強しています。 私みたいに紹介者や業者と連絡が取れない方/これから始めてみたい方は、お気軽にご相談ください。拙い文章ですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。